ホワイトニング
歯磨き粉の実力は?

歯のホワイトニング歯磨き粉は製薬メーカーも参入しています!

近年は、日本でも歯のホワイトニングに対する意識が高まっていることを受けて、製薬会社も次々に製品を開発・製造しています。いわゆる高機能美白歯磨きと言われるこういった商品は、医学的な観点から白い歯がどうやって作られるのか研究して開発されており、高い効果があることで人気を呼んでいます。

製薬会社の開発したホワイトニング専用歯磨き粉は、たとえばリン酸三カルシウムなどを配合して歯の汚れや歯石を落とし、さらにマクロゴールやポリビニルピロリドンなどを配合してヤニを除去して、コーヒーやワインなどによる着色汚れであるステインを浮かせて落とします。さらに、モノフルオロリン酸ナトリウムなどのフッ素を配合して歯の美白効果を促進し、歯の表面をツヤツヤにして、さらに虫歯を予防します。これらは従来のホワイトニング専用歯磨き粉に比較しても高い効果があり、歯が見違えて綺麗になると高い評価を得ています。医薬部外品で、通常の歯磨き粉と比べると2倍から3倍ほどの価格設定になっていますが、確かな効果があることから、人気があります。

製薬会社の開発したホワイトニング専用歯磨き粉は、通常の歯磨き粉よりも緩めになっていて、とろっとした感じに仕上がっています。ホワイトニングでは、歯ブラシの表面に歯磨き粉を付けるのではなく、歯ブラシに浸透させて使うためです。泡立ちを抑えてあるため、しっかりと長い時間をかけてオーラルケアができます。ゆっくりと慌てずに磨くことをメーカーも推奨しています。また、音波や電動の歯ブラシにも、泡立ちの少ない方が相性がよく、じっくり歯磨きをしてホワイトニングに努めることができ、多くの歯磨き粉に配合されている研磨剤が不使用であうため、磨き過ぎで歯を傷めるということがありません。お茶やコーヒーをよく飲む人や、歯が弱くなっていると感じている人、歯茎のケアもしたいという人にお勧めできるという口コミ情報が寄せられています。

☆ステインや黄ばみが気になるなら:http://whitening-lab.com