ホワイトニング
歯磨き粉の実力は?

天然由来の成分だけを使ったホワイトニング歯磨き粉

歯のホワイトニングに対する日本人の意識の高まりを受けて、医薬品の製造メーカーや歯科医院用デンタルケア用品メーカー各社からホワイトニング専用歯磨き粉が製造・販売されています。薬用ハイドロキシアパタイトを配合したものを中心として、エナメル質を保護する目的のものなど多彩なものが販売されていますが、近年注目されているのが、生歯磨き粉と呼ばれる製品です。

生歯磨き粉と呼ばれる製品とは、天然由来成分のみを使って、多くの歯磨き粉に使用されている合成界面活性剤を一切使用しないもので、水を使わずに歯磨きします。市販の歯磨き粉に使用されている合成着色料やパラベン、アルコールや鉱物油なども一切使用していません。天然由来成分のみなので、アレルギーの心配もまったくありません。また、一般の歯磨き粉によく利用されているホワイトニング成分であるアパタイトや酸化チタンも含まれていません。大学の研究によって、こういった成分を含む歯磨き粉よりもホワイトニング効果が高いという結果も出ており、非常に注目を集めています。使用する際に水を使わず、歯ブラシにつけてそのまま磨くため、ホワイトニング成分が歯に直接浸透します。

歯に新たに付着した汚れだけでなく、長年こびりついていた汚れやくすみが消えるというメリットもあります。この天然由来歯磨きをずっと使用しているユーザーは、歯が着色しやすい性質で、今まで多くの歯磨き粉を使ってきたが、このタイプのものが最も汚れが落ちやすかったと語っています。このユーザーはオーガニック嗜好で、人口甘味料や界面活性剤などを配合していない点でも気に入っていると言っています。最初はマイルドすぎて物足りない感じがするが、1週間くらいで効果を実感できると報告しています。美白効果とともに、歯の着色汚れが付きにくくなります。磨きやすさと泡立ちの良さからも定評があり、泡立ちを抑えているものが多い美白歯磨きで、物足りないと感じる人にはお勧めできます。